スペシャリストほど高収入

武器≒スペシャリスト

営業力に続いては「武器」のお話です。
みなさんは、行政書士なら手掛けられるすべての分野に精通しているとお思いですか?
もちろん違います。というより、無理です。というのも、行政書士が扱える書類の総数は、
約1万通
にものぼり、その分野も風俗営業許可関係から交通事故関係と実にさまざま。
ぶっちゃけ、作成したことのない書類の方が圧倒的に多いのです。

大抵の書士さんが、ある分野に特化して営業しているというのが一般的なスタイルです。
そして、特化した分野こそ、その書士さんの「武器」ということなのです。
私の武器は、もちろん飲食店や風俗店の営業許可関連。クライアントには、外国人パブを経営している会社もあり、外国人ダンサーの就労ビザ申請などもよく手掛けます(笑)。

「武器」は〝スペシャリスト〟という言葉に置き換えられると思います。
また、スペシャリストと認識されれば書類作成だけに留まらず、コンサルタント的な需要も増えてくるでしょう。書類作成はもとより、経営アドバイスもできる行政書士
クライアントにとっては、何とも頼りになる存在として写るのではないでしょうか。

>>>行政書士の生の声!>>>

報酬額設定が年収を左右する

では、行政書士が手掛ける書類作成の報酬額とはどの程度のものなのでしょうか。
主だった申請書類作成の報酬額の目安を下に記しておきます。

  • 飲食店営業許可申請:5~10万円 
  • 風俗店営業許可申請:10~30万円
  • 内容証郵便作成:1~2万円 
  • 宅地建物取引業者免許申請:5~20万円
  • 契約書作成:3万円 
  • 帰化許可申請:20~30万円 
  • 遺言書の作成指導:5万円

なお、この金額はあくまで目安。実は行政書士の報酬は各自が自由に決めても良いのです。
つまり、相場より低い金額で広く仕事を受けるも高い金額設定で勝負するも、あなた次第ということ。この報酬額設定も年収を左右する大きな要因のため、慎重な設定が必要です。

ちなみに私の年収は、昨年の決算で700万を超えました。これも、クライアントが私を飲食店・風俗店営業関連のスペシャリストとして認めてくれたからにほかなりません。

→試験の難易度